Serph - accidental tourist【mp3版】(Serph - accidental tourist.zip)

1 solitary
2 circus
3 a whim
4 elfenlied
5 sircus
6 dazzle
7 redaze
8 fullcolors
9 celestial
10 lament

POP ELECTRONICAアーティスト Serphのデビュー・アルバム

kettel、I Am Robot & Proud、DE DE MOUSE、fetic、Lupeuxなど若いエレクトロニカアーティストに顕著な「メロディー回帰」とも言うべきポップ・エレクトロニカシーンの動きに共鳴するようなSerphの1stアルバム。 好きなアーティストがdimlite(Sonar Kollektiv)という一風変わったバックグラウンドを持ち、ピアノと作曲を始めたのもわずか3年前(2008年当時)という東京郊外在住年齢20代半ばの男性ひとりユニット。ジャズとクラブジャズの区別もなく、エレクトロニカもポストロックもブレイクビーツもテクノもすでに”既存のいち音楽ジャンル”化している世代。そのメロディー重視のエレクトロニカ・サウンドはfetic、Lupeux、agllis、hirotec等と共に「POP ELECTRINICA」と呼ばれ、日本独自のシーンへと成長。

プログレッシブロックからの影響を感じさせる03 a whim、09.celectial、映画音楽からの影響を思わせる02.circus、07.redaze 10.lament、ジャズ/フュージョンからの影響が濃厚な01.soritary、05.sirkusなどあくまでSerphが感じるJAZZ像を膨らませたかのようなユニークさを持ち「空想上の宅録JAZZ」とも言えます。以前はDJもしていたが現在はただひたすら楽曲制作にのめりこむ姿勢は竹村延和を想像させます。初期の竹村延和やspritual vibes、サイレントポエッツなど90年代のクラブジャズが好きだった人達にも是非聴いて欲しい一枚です。シンフォニックで幻想的な印象派ポップ・エレクトロニカの傑作!!

<摩訶不思議で幻想的なこのジャケットイラストは、feticのCDジャケットや小説『ピーターと影泥棒』、『ピーターと星の守護団』の装丁なども手掛ける新進気鋭の画家、谷口愛氏によるもの。

http://www.elegantdisc.com/serph.html

¥ 1,50050%OFF ¥ 750

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(102255627 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。