すずえり+沢田穣治+河合拓始 - Licentia Poetica

エレクトロニカを通過したレコメン、プログレ。

エレガントディスクがSerphの次に世に放つ、すずえり+沢田穣治+河合拓始の1stアルバム。
まるでナショナルヘルス的な変則コード進行を見せる沢田作曲「02.aLiCe」、すずえり作曲の本人曰く"レコメンパンク"な「07.Water」、「10.Four Hours In A Pub」。そして一番の聴き所は河合作曲の「03.Azalea,Seguidilla」で、クラシカルなピアノに沢田のコントラバス、すずえりの絶叫に近いボーカルが融合した様はまるで"狂気のオペラ"。同じく河合作曲「Weeping I Laugh」では大谷能生のサックスソロが楽しめる。 インスト曲ではミキシングを担当したHidenobu Itoが3人の演奏素材をコンピューター編集し電子音を加えた楽曲を聴くことができます。ポストロックならぬ、ポストレコメン or ポストカンタベリーサウンド。リアルタイムにプログレの洗礼を受けたアヴァンギャルド集団3人が織り成す音の魔術。ELEGANT DISCが贈る幻想的で奇妙な歌物&インスト楽曲集。 CDジャケットのイラストは、すずえり(武蔵野美術大学銅版画科卒業)自身による銅版画を用いています。

■値段
通常¥2,100のところ、当店はelegantdiscオフィシャルショップにつき特別価格¥1,800で購入できます。

■送料無料、銀行手数料が必要になります。

¥ 1,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。